オーソドックススタイルで右ストレートを打つケースを例とする。

体は後ろ足の踵から骨盤、肩と順に回転を始めて、
中心や前後にあったにあった重心が少しづつ前に移動する。そこから自然に腕というか拳が出てくる。
その時、回転するエネルギーを最大限に体重移動のエネルギーに変換して、拳に体重を乗せたい。
そうした練習をしている時にお師匠から指摘された。

「体重がのってねーな」

指摘はこうだ。

「体重の乗る前足が回転方向に流れている、だから体重も一緒に外に流れてる。」

指導としてはこうだ。

「例えば右ストレートの時、左足の膝を意識的に少し内側に閉じてみろ。身体の左側に壁を作るイメージだ。」

実際にやってみる。ミットも受けてもらった。
うん、全然音が違うな。
柔軟性が増せばもっとスムーズに体重移動できそうだ。

よく野球選手のバッティングフォームで壁を作るというけど、
きっと同じ原理なんだろう。

ただ、これを試合でやるとなると難しい…